起業家の卵・会社設立 〜Entrepreneur's egg〜 メイン画像

起業前に考える事

○動機、目的を固める


自分がなぜ独立をしたいのか?その考えをしっかりもつことが大切です。

その思いが強ければ強いほど、またその理由が明確ではっきりしているほど、準備の段階からスタートを切るまで、またスタートを切ったあとも、将来に向けて、将来に向けて膨大なエネルギーを生み出してくれるはずです。


○独立資金を用意する。


独立をする際にはある程度の運営費、つまり資本金が必要となります。

その資金で何が最低限必要なのか、軌道に上手く乗せるためには、どんなものが必要なのかをじっくりと考え、出来る限り自己投資を行いましょう。ここで、大切なことは、資金が十分にあるならいいのですが、不足する場合も考えなければいけません。

公的資金から資金を調達する場合は、様々な要因から融資される額を割り出します。その一つの大きな条件として自己資金の額にも大切です。

その額で、融資する側は、あなた自身の意気込みや計画性など、総体的に信用を得れるかどうかを検討します。そのため、独立資金はしっかりと用意しましょう。


○独立後は、経験値向上を目指す。


独立後は、その分野の知識を増やし、様々なケースに対応できるように経験を積むことが大切です。知識だけで通用するほど、世の中はあまくありませんし、知識とともに経験値の向上を目指していくべきです。